慶應医学会

トップ > イベント・慶應医学部関連情報 > 総会・シンポジウム

年次総会・シンポジウム

慶應医学会では、毎年11月に定例の年次総会を開催し、会員の方々に対し学会の活動、収支報告を行い、学会活動に関する提案、意見交換を実施しております。
また、年次総会と同日に会員のみならず広く一般の方々を対象にシンポジウムを開催しております。テーマは医学界を取り巻く最先端の話題から医学・医療に関連する社会的に関心の高い話題まで多岐にわたり、毎回ご好評をいただいております。

 

第97回 慶應医学会総会・シンポジウム

日時 平成29年11月11日(土) 13時30分~18時15分
場所 慶應義塾大学病院 2号館11階 大会議室
主催 慶應医学会
共催 慶應義塾大学医学部
後援 日本学術会議

13:30

開会の辞
慶應医学会 会長、 慶應義塾大学 医学部長 岡野 栄之

13:35

総会議事
野村達次賞授与式

14:30

シンポジウム
テーマ:『癌免疫難病におけるトランスレーショナルリサーチ』
司会 吉村 昭彦(慶應義塾大学医学部 微生物学・免疫学 教授)
    竹内 勤  (慶應義塾大学医学部 内科学(リウマチ・膠原病) 教授)

14:30
開催の辞
14:30~15:05(講演30分 討議5分)
「立体構造に基づくCRISPR:Cas9ゲノム編集ツールの開発と医療への応用」
▲濡木 理(東京大学 理学部生物化学科・
            大学院理学系研究科生物化学専攻 教授)

15:05~15:40(講演30分 討議5分)
「AMEDにおけるトランスレーショナルリサーチの推進」
▲福島 雅典((公財)先端医療振興財団 臨床研究情報センター センター長)

15:40~16:15(講演30分 討議5分)
「免疫性神経疾患の病態とトランスレーショナルリサーチ」
▲山村 隆((国研)国立精神・神経医療研究センター神経研究所
                  特任研究部長・多発性硬化症センター長)

16:15~16:30
休憩

16:30~17:05(講演30分 討議5分)
「腫瘍免疫学の進歩とがん免疫療法トランスレーショナルリサーチ               ―個別化・複合がん免疫療法の開発に向けて―」
▲河上  裕(慶應義塾大学医学部 先端医科学研究所 細胞情報研究部門 教授)
       
17:05~17:40(講演30分 討議5分)
「がんの治療抵抗性打破を目指したトランスレーショナルリサーチ」
▲佐谷 秀行(慶應義塾大学医学部 先端医科学研究所               遺伝子制御研究部門 教授)

17:40~18:15(講演30分 討議5分)
「アカデミアから新しい炎症性腸疾患治療の提案」
▲金井 隆典(慶應義塾大学医学部 内科学(消化器) 教授)

シンポジウム講演動画はこちら(注:会員専用ページ。ログインが必要となります)

シンポジウムテーマ

第86回・・・「病院としての安全対策と危機管理」(来場者数180名)
第87回・・・「臨床研究・治験の現状と将来」(来場者数90名)
第88回・・・「新興・再興感染症とその対策」(来場者数110名)
第89回・・・「『予防医学』~画像診断装置からみた今後の予防医学の方向性~」(来場者数66名)
第90回・・・「血液浄化療法・医用工学の最近の展開」(来場者数67名)
第91回・・・「再生医学」(来場者数314名)
第92回・・・「サイトカインを標的とした免疫難病の治療
       -生物学的製剤によるパラダイムシフト-」(来場者数140名)
第93回・・・「次世代がん治療をさぐる」(来場者数82名)
第94回・・・「ゲノム医学と医療システム」(来場者数104名)
第95回・・・「免疫・がんとマイクロビオーム」(来場者数127名)
第96回・・・「医療ビッグデータ」(来場者数73名)

シンポジウム講演内容

第89回シンポジウム講演抄録

第90回シンポジウム講演抄録

第91回シンポジウム講演抄録

第92回シンポジウム講演抄録

第93回シンポジウム講演抄録

第94回シンポジウム講演抄録

第95回シンポジウム講演抄録

第96回シンポジウム講演抄録

会長挨拶・会則 | 役員 | 学会誌 | イベント・慶應医学部関連情報 | 入会案内・会費 | 会員専用ページ | お問い合わせ | サイトマップ

Copyright © The Keio Medical Society. All rights reserved.

慶應義塾 慶應医学会 お問い合わせ